一般財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会 「米国特許クレーム作成ワークショップ2014」
 
主催 一般財団法人経済産業調査会
米国特許クレーム作成ワークショップ2014

〜米国特許クレーム作成の基本を、参加型のセミナーで学ぶ〜

米国特許クレームは、一般に、日本語特許クレームを英語に翻訳したものがそのまま使われます。

しかし、日本語特許クレームから直接に翻訳された英語特許クレームは、米国の特許審査に最適ではないことが多くあります。

そして、日本出願から派生した米国出願案件の数が多いことを考えますと、日本の特許専門家は、審査のコストを下げてさらに高品質の結果を得るためには、米国特許クレーム作成に精通する必要があります。

一方、適切な米国特許クレームを作成するには、日本の特許専門家が留意しておかなければならない事項がいくつかあります。

例えば、日本語と英語は文章構造及び文法が全く違っています。

また、米国特許実務におけるクレームは、下記のような特殊な要素を有しています。

a)米国特許クレームの基本スタイル(例えば、エレメント形式)
b)米国特許クレーム特有の解釈(例えば、ミーンズ+ファンクション、限定事項にならない表現)

日本を訪れる米国特許弁護士は、これらの基本的な問題について積極的に触れることなく、むしろ最新の判決等の難解な事項の解説を日本の特許専門家に供給する傾向にあります。

しかし、このような最新の情報は有益なものではありますが表面的であり、それ以前に日本の実務家がマスターしなければいけないのは、「米国特許クレーム作成の基本」であります。

そこで、今回は、「米国特許クレーム作成の基本」のマスターを目的として、元米国特許庁審査官である米国特許弁護士が、米国特許クレーム作成の基本について具体例を使って説明する参加型のワークショップを企画しました。

今回のワークショップの目標は、参加者が、米国特許クレームを作成する際の基本原則を積極的に理解して、将来の実務に活用できるようになることです。

是非この機会に多数のご参加をお待ちしております。

■ワークショップの概要

  1. セミナー:米国特許クレームの基本及び特有のポイント
  2. 実例を使った説明及びディスカッション:
    日本特許クレームから翻訳された英語クレームの実例について、講師が解説し、さらに参加者同士でディスカッションを行います。
  3. クレーム作成練習: ワークショップ時間内の米国特許クレーム作成
    *後日、作成されたクレームについての講師による訂正及び意見を、参加者にお返しします。
終了しました。
講師 新樹グローバル・アイピー特許業務法人
米国特許弁護士 Gary Koo
日本弁理士 渡辺 尚 氏
(講師略歴)
日時 平成26年7月17日(木)13:30〜17:50
(受付は13時より)
場所 大江ビル13階 第5会議室 
大阪市中央区農人橋1-1-22
(地下鉄:谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車、8号出口すぐ)

電話 06-6946-3939(大江ビル管理事務所)
講義レベル

米国出願実務経験2年以上(但し、英語クレーム作成に興味ある方であれば、どなたでも参加できます。)

定員

20名 

受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 8,000円
普通会員 12,000円
購読者 15,000円
一 般 20,000円
経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。
日本弁理士会会員の皆様へ

このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。認定後には、この研修を受講された方が、所定の申請をすると外部機関研修として4単位が認められる予定です。

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8974
 
Page Top