財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会 「徹底比較!日米欧の進歩性」
 
主催 一般財団法人 経済産業調査会近畿本部

徹底比較!日米欧の進歩性

−日米欧で活躍中の日本人特許実務家がホンネで語ります−

日本特許出願件数が年々減少する一方で、日本企業からの外国特許出願の重要性は年々高まっています。特許制度や使用言語のみならず特許文化も国ごとに異なるため、外国においてもよりよい特許権を取得するためには、各国でベストプラクティスを追求すべきものです。
日本の実務を知らない欧米人講師によるセミナーでは、外国の特許制度について理解を深めることは可能ですが、各国の特許文化の違いを十分に理解することはできません。そのため、多くの日本の実務家は、馴染み深い日本の特許文化と同じ感覚で依然として外国特許業務を行っているのが現状ではないでしょうか?
今回のセミナーでは、日本、米国、欧州で特許権利化業務に従事する3名の日本人講師が、「進歩性(非自明性)」についてそれぞれの立場で正面から議論します。議論を通じて、各国の特許制度、特許文化、使用言語の違いによって生じる問題点を明確にし、各国でベストプラクティスを行うための対応策を説明します。参加者の皆様に日・米・欧の特許文化の違いを肌で感じて頂くことで、日々の外国特許実務を見直すきっかけを与える内容となっています。題材として昨年と同一の構造関係の簡単な発明を取り上げます。3名の日本人講師によるディスカッションを聞くことができるこの機会を、是非お見逃しなく!


タイムテーブル

第1部 事例説明 
・対象特許と先行文献の内容を紹介
第2部 特許性を否定するために
・日米欧の各国における新規性・進歩性の考え方を説明
第3部 特許性を肯定するために
・新規性・進歩性の考え方の違いを踏まえ、特許性を肯定するための反論方法を説明

終了しました。
講師

グローバル・アイピー東京特許業務法人 
弁理士・U.S. Patent Agent (Unregistered)
高橋 明雄
 
GLOBAL IP Counselors,LLP (米国・ワシントンDC)
米国特許弁護士 友寄 のむぎ

GLOBAL IP Europe (ドイツ・ミュンヘン)
日本弁理士・欧州特許弁理士 稲積 朋子

講師プロフィール

日時

平成26年11月11日(火)13:30〜16:40

場所

大江ビル13階(第6会議室)

大阪市中央区農人橋1−1−22 

電話06(6946)3939 大江ビル管理事務所

(地下鉄・谷町線「谷町4丁目」駅下車、8号出口すぐ)

定員
40名 定員になり次第締めきります。
受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 5,000円
普通会員 7,000円
購読者 10,000円
一 般 15,000円

経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。

日本弁理士会会員の皆様へ

このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。認定後には、この研修を受講された方が、所定の申請をすると外部機関研修として3単位が認められる予定です。

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8992
 
Page Top