財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会 「パテントプールと独占禁止法」
 
主催 公益財団法人日弁連法務研究財団
名古屋地区会
共催 一般財団法人 経済産業調査会

パテントプールと独占禁止法

〜 具体的事例に沿って 〜

近年、複数の事業者が共同して規格を策定し、広く普及を進める活動(標準化活動)や、規格に関する特許を一括してライセンスするためのパテントプールの形成等の取り組みが、地デジ、4K高画質テレビ、等々で活発に行われています。パテントプールは、標準化活動を通じて、共同事業者の技術をデファクトスタンダードにしようと試みる、事業展開にとって重要なツールである反面、独占禁止法によって規制される私的独占に該当する新規参入者の排除であるとの見方もあります。公正取引委員会は、このような観点から、「標準化に伴うパテントプールの形成等に関する独占禁止法上の考え方」という指針を公表し、その普及に努めています。今回のセミナーでは、具体的な事例に沿って、公取委の指針とその背景にある法的観点について解説します。ぜひこの機会に多数ご参加下さいますようご案内申上げます。

お知らせとお詫び

当初2月24日開催の予定でしたが、下記日程に延期させていただきます。ご迷惑をお掛け致します。

 

終了しました。
講師

インテリクス特許法律事務所 
弁護士・弁理士 岩坪 哲(いわつぼ てつ)氏

プロフィール
1989年 東京大学法学部 卒業
1991年 弁護士登録(43期) 
2003年
〜2009年
日本弁理士会侵害訴訟代理研修講師
2004年 4月 弁理士登録 
2004年 近畿大学法科大学院非常勤講師(現職)
2006年 甲南大学法科大学院教授
2012年 名古屋大学法科大学院講師(現職)
日本工業所有権学会会員

主な著書
『判例意匠法』(発明協会)分担執筆
『判例著作権法』(東京布井出版)分担執筆
『意匠・デザインの法律相談』(青林書院) 分担執筆
『改訂3版 シミュレーション特許侵害訴訟』(経済産業調査会) 共著
『営業秘密による発明の保護とその限界』(甲南法務研究No.4)
『重点演習 知的財産法』(青林書院) 共著
『全面改訂 特許侵害訴訟の実務』(経済産業調査会) 共著 
『新・注解特許法』(青林書院) 共著
『特許判例百選』(有斐閣) 分担加筆

その他「知財管理」等に判例評釈、論稿を発表

日時

お知らせとお詫び

当初2月24日開催の予定でしたが、下記日程に延期させていただきます。ご迷惑をお掛け致します。

平成27年3月26日(木)14:00〜17:00
(受付は13時半より)

場所

愛知県弁護士会館 4階ホール
名古屋市中区三の丸1−4−2 
電話 052−203−1651
地下鉄「丸の内」駅1番出口より徒歩5分または
地下鉄「市役所」駅6番出口より徒歩7分

定員

50名(定員になり次第締切ります)

受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 5,000円
普通会員 8,000円
購読者 10,000円
一 般 15,000円

経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。
※当セミナーでは知財会員の「無料受講券」は使用できませんのでご了承下さい。

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8992
 
Page Top