一般財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会 「化学・バイオ分野の進歩性判断のポイント」
 
主催:一般財団法人経済産業調査会

化学・バイオ分野の
進歩性判断のポイント

進歩性判断は、審査、審判、訴訟の実務において最も重要であり、知財実務において最大の関心事です。進歩性を主張する立場の場合もあれば、否定する側になる場合もありますが、いずれであれ進歩性判断で勝利を勝ち取るには、それ相応の着眼点、切り口などが重要です。しかしながら、進歩性判断には、種々の判断視点があり、見解の分かれる面も少なくなく、問題が多いのが実情です。とりわけ化学・バイオ分野では、効果の顕著性を巡る争いが多く、後出し実験データの扱いや、内在特性などの他分野にはみられない固有の問題が多々あります。
今回セミナーでは、各種論点の中でも、化学・バイオ分野に関するものに焦点を絞り、近年のいくつかの注目判決を参照しつつ、進歩性判断をどのようにすべきかについて、知財実務者にとってヒントになるよう詳しく解説いたします。是非この機会に多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

    − 講義のポイント −

    1.進歩性判断における基礎的事項
    2.引用発明の認定を巡る諸問題
    3.阻害要因/解決課題/合理的な成功の期待/後知恵の排除
    4.示唆・動機づけ/取得プロセスの容易性/設計事項
    5.発明の効果/後出し実験データの参酌
    6.数値限定発明における進歩性判断

講 師

細田国際特許事務所
所長・弁理士 細田 芳徳(ほそだ よしのり)氏


【プロフィール】

広島大学工学部醗酵工学科卒業
住友化学工業(株)・住友製薬(株)を経て事務所開設
昭和62年弁理士試験合格
元弁理士会バイオ委員会委員
元弁理士会中央知的財産研究所バイオ研究部会員
元日本弁理士会特許委員会副委員長
元日本弁理士会バイオ・ライフサイエンス委員会副委員長
元北陸先端科学技術大学院大学特許アドバイザー
元裁判所専門委員
元日本弁理士会常議員
元関西特許研究会代表幹事
特定侵害訴訟代理業務試験合格(付記弁理士)
日本知的財産協会の研修講師
日本弁理士会の実務修習講師

【主 著】
「改訂7版化学・バイオ特許の出願戦略」(経済産業調査会)、
「米国特許の実務」(商事法務研究会、共訳)、
「バイオテクノロジーに対する法的保護のあり方」(日本弁理士会中央知的財産研究所、共著)、
「パラメータ特許の取得戦略と権利侵害対策」(株式会社技術情報協会、共著)、
「From Clones to Claims(4th、5th、6th、Edition)」(Carl Heymanns Verlag、共著)

講義レベル 中級以上 (企業の知財部や特許事務所において出願業務の経験のある方)
日 時

9月21日(木)10:00〜16:10

場 所

OMMビル 2階 204会議室
大阪市中央区大手前1-7-31
(地下鉄:谷町線・京阪電車「天満橋」駅下車すぐ
地図
定 員 40名 
受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 10,000円
普通会員 15,000円
購読者 18,000円
一 般 23,000円
経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。
ご注意 講義中のパソコン・タブレットのご使用はご遠慮下さい。
日本弁理士会
会員の皆様へ
このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。
認定後にはこの研修を受講された方が所定の申請をすると外部機関研修として5単位が認められる予定です。
キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8992
 
Page Top