一般財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会「知的財産権と独占禁止法」
 
主催 一般財団法人 経済産業調査会

知的財産権と独占禁止法
〜両者は、対立関係にあるのか、相互補完関係にあるのか〜
近年、アップル/サムスン、アップル/クワルコムなど標準規格必須特許(SEP)に係る特許紛争をはじめとして、知的財産権と独占禁止法(競争法)の関係をめぐる多くの紛争が世界中を駆け回っています。ビッグデータという知的財産の集積と利用をめぐりグーグル、アマゾン、フェイスブックなども海外の競争法の挑戦を受けています。
日本の独占禁止法上でも、特許権、実用新案権、著作権、商標権、ノウハウなどの知的財産(権)との関係が問題となった事例が相当集積し、知的財産ガイドラインも公表されています。
本セミナーでは、これらの諸事例を通じて知的財産権と独占禁止法(競争法)の関係について検討したいと思いますので、この機会に多数ご出席下さいますようご案内申し上げます。

終了しました。

講 師
神戸大学特命教授・弁護士 根岸 哲 (ねぎし あきら) 氏

講師プロフィール
1965年3月 神戸大学法学部卒業
1967年4月 司法修習生終了(第19期)
1967年4月 神戸大学法学部助手(経済法専攻)
1978年4月 神戸大学法学部教授(〜2006年3月)
2006年4月 甲南大学法科大学院教授(〜2015年3月)
                  大阪弁護士会弁護士登録(〜現在に至る)
          きっかわ法律事務所所属
2016年4月 神戸大学特命教授
(社会システムイノベーションセンター)(〜現在に至る)



主な著書
独占禁止法の基本問題(有斐閣)
独占禁止法概説(共著)(有斐閣)
注釈独占禁止法(編著)(有斐閣)
コンピュータ知的財産権(編著)(東京布井出版)
技術取引契約の実務(共編著)(商事法務研究会)
ネットワーク市場における技術と競争のインターフェイス(共編著)(有斐閣)
情報通信の政策分析(共編著)(NTT出版)

日 時

平成30年2月22日(木)10:00〜16:10
(受付は9時半より)

場 所

OMMビル 2階 205会議室
大阪市中央区大手前1-7-31
(京阪電車「天満橋」駅東口、地下鉄谷町線「天満橋」駅北改札からOMM地下2階に連絡)
(OMMビル アクセス)

定 員
40名 (定員になり次第締切ります。)
受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 10,000円
普通会員 15,000円
購読者 18,000円
一 般 23,000円

経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。

日本弁理士会
会員の皆様へ

このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。認定後には、この研修を受講された方が、所定の申請をすると外部機関研修として5単位が認められる予定です。

講義中のパソコン・タブレットのご使用はご遠慮下さい。

このセミナーではパワーポイントは使用しません。

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8974
 
Page Top