一般財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会
     
 


講師プロフィール


Milli Simone(ミッリ・シモーネ)
Bugnion Spa(ブニョン) パートナー
欧州特許・商標意匠弁理士/イタリア特許・商標意匠弁理士

2005年 ピサ大学卒業(ビジネス・エンジニアリング専攻)
2009年 Bugnion Spa(ボローニャオフィス)入所

・主に機械系の出願(イタリアおよびEP)を担当しており、自動機械分野(特に包装機械、アイスクリームおよび飲料製造装置)に精通している。特許訴訟の経験も豊富である。
・Italian Industrial Property Consulting Associationのメンバである。また、現在はボローニャ大学の非常勤教授(産業デザイン)も務め、過去には欧州特許弁理士試験(EQE)の試験委員会IIIのメンバも務めた(試験委員会IIIとは、EPOに対して手続を行なう欧州弁理士になるための試験の作成及び評価を行なう組織である)。

Vittorangeli Lucia(ヴィットランジェリ・ルチア)
Bugnion Spa(ブニョン) パートナー
欧州特許・商標意匠弁理士/イタリア特許・商標意匠弁理士

1998年 ボローニャ大学卒業(機械工学専攻)
1998年 Bugnion Spa(パルマオフィス)入所
2000年 ミラノの大手特許事務所
2009年 Bugnion Spa(ミラノオフィス)入所

・IP分野において、約20年のコンサルティング経験および16年以上の教育経験を有する。現在はブニョン・パテント・トレーニング・センター責任者を務める。
・主に機械系の出願(イタリアおよびEP)を担当しており、特に医療機器、タイヤ製造装置、および自動機械分野に精通している。EPOに対する異議申立、審判の経験も豊富であり、訴訟やライセンス業務にも精通している。また、鑑定やクリアランス調査、意匠出願(特にイタリアおよび共同体意匠)等も担当している。
・1998年よりEngineering Association of the Parmaのメンバであり、2001年よりItalian Industrial Property Consulting Associationのメンバである。

Cossu Alessandro(コッス・アレッサンドロ)
欧州特許コンサルタント(欧州弁理士試験合格)
元EPO審査官

2003年 欧州特許庁(EPO)入庁
2017年 Bugnion Spa(ボローニャオフィス)入所

・通信会社にエンジニアとして勤務後、2003〜2017年の間、EPOの審査官を務める。特にフラットパネルディスプレイ分野の特許出願の調査および審査を担当し、EPOの新人や経験豊富な同僚のインストラクターとしての経験も有する。
・EPOとJPOの共同プロジェクトへの参加経験も有し、また、日本企業とのやり取りの経験も豊富である。
・イタリア語、英語、ドイツ語、フランス語に堪能な上、主に技術的な事項に関する日本語の理解力、さらに基本的な中国語およびロシア語の理解力も有する。

宮垣 丈晴
新樹グローバル・アイピー特許業務法人
日本弁理士

2002年 立命館大学卒業(ロボティクス学科)
2004年 立命館大学大学院修了(情報システム学専攻)
2015年 新樹グローバル・アイピー特許業務法人入所

・主に機械系、電気系の出願を担当しており、特にデジタルカメラ、イメージセンサ、画像処理技術に精通している。無効資料調査の経験も豊富である。
・2016年よりBugnion Spaへ出向しており、2017年からはGIP Italy(新樹グローバル・アイピー特許業務法人とBugnion Spaにより創設)のメンバーとして、イタリア企業の日本でのビジネス、日本企業の欧州でのビジネスを知財面からサポートしている。

川分 康博
新樹グローバル・アイピー特許業務法人
日本弁理士(侵害訴訟代理付記)
工学博士

1985年 京都大学工学部卒業(金属加工学科)
1987年 京都大学大学院修了(工学研究科金属加工学専攻)
1987年 パナソニック(株)入社
2017年 新樹グローバル・アイピー特許業務法人入所

・パナソニックにて、磁性材料の研究開発の経験を有する。具体的には、家庭用digital video tape recorderのmediaの開発、rigid disc driveのhead材料の研究開発に携わる。
・パナソニックにて、エネルギー分野、材料・デバイス分野での知材活動の経験も有する。エネルギー分野としては、燃料電池、ヒートポンプなど、材料・デバイス分野では、リチウムイオン電池、半導体(イメージセンサ、メモリ、パワーデバイス等)、光学素子などである。2008年よりは責任者となり、同社のR&D部門、材料・デバイス分野の権利取得の責任者としての経験も有する。


 


 



セミナーテーマ、開催日、講師などは変更する場合があります。何卒ご了承下さい。
 
Page Top