一般財団法人経済産業調査会近畿本部
HOME > セミナー・講演会「AIビジネスの知財・契約実務」
 
主催 一般財団法人 経済産業調査会近畿本部

AIビジネスの知財・契約実務

近時、AI関連のテクノロジーの発展は著しく、各種メディアでAIとの単語を聞かないことはないといっても過言ではありません。しかしながら、AIビジネスに関連する法的な議論は未だ十分に整理されておらず、契約の重要性が増す一方で、確立したプラクティスはありません。このような状況において、経済産業省は「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」を本年5月末に公表する予定です。今回のセミナーでは、同ガイドラインのAI編の作成に携わった講師がその内容を解説すると共に、同ガイドラインのデータ編の内容も踏まえつつ、AIビジネスの知財・契約実務で問題となりうる事項を分かり易く解説します。是非この機会に多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

第1部 AIとは何か
1 基本的な概念の説明
2 実用化の過程
3 従来型のソフトウェアとの違い

第2部 基本的な考え方
1 知的財産権等に関する整理
2 責任に関する整理
3 権利帰属・利用条件の設定

第3部 学習済みモデルの開発・利用に関する諸問題
1 学習済みモデルの開発契約
(1)学習済みモデルの開発類型   (2)学習済みモデルの開発に適した開発・契約方式
(3)契約における考慮要素
2 学習済みモデルの利用に関する契約
(1)学習済みモデルの利用類型   (2)契約における考慮要素
3 国際的取引の視点

第4部 モデル契約の解説

第5部 質疑応答

終了しました。
講 師

講 師 弁護士法人イノベンティア
弁護士・ニューヨーク州弁護士 松下 外 氏 


2006年3月 東京工業大学 工学部 情報工学科・卒業 (工学士)
2009年3月 東京大学 法科大学院・修了 (法務博士)
2014年2月〜2015年1月  アレン・アンド・グレッドヒル法律事務所・フォーリン・アソシエイト
2016年5月 ニューヨーク大学 ロースクール・修了
 (LL.M. in Intl. Business Regulation, Litigation and Arbitration)
2016年8月〜2016年11月 
ヒューズ・ハバード&リード法律事務所・客員弁護士
2017年1月〜 弁護士法人イノベンティア・アソシエイト
2017年6月〜 国立研究開発法人理化学研究所 革新知能統合研究センター 客員研究員

日 時

平成30年6月8日(金)10:00〜16:10
(受付は9時30分より)

場 所

OMMビル 2階 205会議室
大阪市中央区大手前1-7-31
(地下鉄・谷町線「天満橋」駅下車1番出口)
(OMMビル アクセス)

定 員
40名 (定員になり次第締切ります。)
受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 10,000円
普通会員 15,000円
購読者 18,000円
一 般 23,000円

経済産業公報特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。

日本弁理士会
会員の皆様へ

このセミナーは、日本弁理士会の継続研修としての認定を申請中です。認定後には、この研修を受講された方が、所定の申請をすると外部機関研修として5単位が認められる予定です。

キャンセルについて
参加をキャンセルされる場合は、セミナー開催の前々日(土日は除く)の17時までに、必ず電話にてご連絡下さい。期限以降のご欠席の場合は、参加料を請求させて頂きます。なお、代理出席は可能です。その他ご不明な点はお問い合せ下さい。
お問い合せ:一般財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係

TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8974
 
Page Top